AGAとは

AGAとはあまり耳慣れない言葉ですが、「男性型脱毛症」あるいは「男性ホルモン型脱毛症」と一般的には呼ばれています。

名前の由来は英語の「Andorogenetic Alopecia」の頭文字から来ています。

このAGAでは、頭頂部から次第に髪が抜けるタイプと、額の上部、主に左右の部分が後退する、いわゆる「M字型」と呼ばれるタイプ、またこの両方が同時進行するタイプがあります。

いずれの場合も脱毛と同時に、髪の毛自体も細くなり、ハリや艶が失われ、弱々しくなってくるのが特徴です。

AGAは当然その名前からも男性固有の脱毛症だと思われがちですが、実は女性でも発症する場合があります。

これは主に加齢などの原因で体内のホルモンのバランスが崩れることによって起こります。

特に閉経後の女性では、比較的高い頻度で見られることがあります。

AGAに関してはまだ研究が充分になされているとは言いきれない点もあるのですが、大まかなメカニズムはすでに解明されています。

AGAを引き起こす最も重要な因子としては、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロン(DHT)があげられます。

これは元々テストステロンと呼ばれる男性ホルモンが、特殊な酵素の働きにより、性質が変化したものです。

AGAが顕著になってくるのは、第二次性徴期からです。

早い人では高校生の時には、すでにかなり進行しているようなケースも見られます。

AGAになりやすい人の共通点として、遺伝によるものがあるとされています。

これは大部分の場合のAGAで確かに該当しますが、AGAの原因の全てが遺伝によるものというわけではありません。

実際には他にも生活環境や、食生活、疾病によるホルモン分泌の異常などさまざまな原因が複合的に作用している場合がほとんどです。