派遣労働のメリットは?

派遣社員として派遣労働するには、いろいろなメリットがあります。

正社員ではなく派遣社員という雇用形態を選んで仕事をしている人にメリットを聞いてみると、「正社員よりも時給が高い」「会社に束縛されない」「いろいろな職種にトライすることができる」「労使交渉を自分でする必要がなく、派遣会社が全てしてくれる」「サービス残業がない。

残業をすれば必ず残業手当がついてくる」「休日出勤がない」「正社員としては到底不可能であろう大手企業で仕事が出来て、大手企業の社員とコネクションができる」など、派遣労働にはいろいろなメリットがあることが分かります。

派遣労働は派遣受け入れ企業にとってもいろいろなメリットがあります。

「派遣社員の人件費は固定費ではなく変動費として計上できるから節税になる。

」「福利厚生やボーナスなど、正社員を採用すると必ずついてくるものが必要ないのでコスト削減になる。

」「必要な時だけ仕事をしてもらえるので無駄がない。

」「長期できてもらうとコストはかかるが、正社員として採用する前に人柄や能力を見ることができるので助かる。

」 など、企業側にとっても派遣労働にはいろいろなメリットがあります。

もちろん、派遣受け入れ側にとっても派遣労働者にとっても、メリットだけでなくデメリットも考えてから派遣労働という雇用形態を選択するかどうかを決めなければいけませんが、自分の時間を大切にしたい人にはぜひおススメですね。